社会福祉法人 千代田区社会福祉協議会

東京都千代田区九段南1-6-10 かがやきプラザ4階
TEL:03-3265-1901

トピックス

大阪北部地震、西日本豪雨災害から学ぶ 災害ボランティアセンターの運営と避難所の実態

2018/9/1

今年の夏は、西日本を中心に水害被害が多く発生しました。
7月に起こった西日本豪雨では、未だ復旧のめどが立っていない地域もあり、8月までに延べ201,000人を超えるボランティアが活動をしています。
また、西日本豪雨から遡ること1か月前には、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生し、大阪府内の5つの自治体で震度6弱、大阪や京都では18の自治体で震度5強の揺れを観測し、死者5名、負傷者417名の人的被害が生じています。
また、大阪府を中心に、住家の全半壊及び一部破損6,925棟の建物被害、また火災等の被害も確認されました。

東京でも起こり得る豪雨災害と、都市直下型地震。
被害があった地域で、住民が求めていた支援は何か。
避難所での生活は。
支援活動にあたった人々の裏で、どんなことがなされていたのか。

実際に現地で被災地支援、調査を行った団体の方をお招きし、現場の様子を伺います。

現地の生の声が聴ける、貴重な機会です。

また、現地の報告を受け、千代田区内での災害の発生に備え、どのような取り組みができるかについても考える機会としてまいります。
皆様ふるってご参加ください。

日 時:平成30年10月4日(木)18時30分~20時30分

場 所:かがやきプラザ1階ひだまりホール

対 象:千代田区にお住まいの方・区内に事務所のある、または区内で活動する団体(NPO/NGO)、企業、大学、施設・ほか、どなたでも

定 員:50名

参加費: 500円 ※参加費は全額、被災地の支援活動に活用します。

主 催:千代田区社会福祉協議会・ちよだボランティアセンター
ちよだモデルネットワーク(CMN)
*ちよだモデルネットワークは、災害時・平時を問わず千代田区内の機関同士が連携しあうためのネットワークです。
災害時にも平時にも必要となる「ボランティアコーディネーション力」を共通項に、定期的に幹事会や災害学習会・訓練等を実施しています。

協 力:JVOAD(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)

<問合せ・申込み>
千代田区社会福祉協議会 ちよだボランティアセンター
〒102-0074 千代田区九段南1-6-10かがやきプラザ4階
TEL:03-6265-6522  FAX:03-3265-1902
メールアドレス:volunteer@chiyoda-cosw.or.jp

この度の災害の発生に伴い、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます

 

お問い合わせ先

ちよだボランティアセンター
TEL:03-6265-6522
FAX:03-3265-1902
URL:http://www.chiyoda-vc.com/

お問い合わせ